女性は性欲を満たすことによってより美しくなる

女性は性欲が満たされると前向きに

女性は性欲が満たされると美しくなる

感じることができなかった女性がその力を地理戻すことで別人のように元気になるケースがよくあります。

 

誰に相談することもできなかった性欲に関する悩みは他のジャンルの悩みよりも経血方法を見つけることが難しいので問題が大きくなりやすいのです。

 

医師などのカウンセリングによって回復されたかた

 

以前はイライラして、ちょっとしたことでもカッとなっていたのですが、自分が満たされているおかげで、心身ともに余裕ができて、今ではすっかりおおらかになっています。嫌なことがあっても、感じられるようになった自分のことを思うと、少しも気にならなくなったのです。

 

感じることが出来なくてふさぎ込んでいた時にはセックスという単語を口にしたり考えたりすることははしたないことだと決めつけていました。
できるだけ人前で話さないように自身に殻を作っていました。でも心と体がバラバラでいいわけがありません。体が満たされていないと、心が貧しくなって、無理している訳ですからイライラしたり体調が悪くなるのは当たり前のことだと感じました。

 

このように、性的な満足を得るだけで、人生観が変わり、問題を乗り越える能力も上がり、心も見違えるように明るくなるのです。

 

女性は絆を求める生き物

 

女性は絆を求める

女性が男性に求める愛と、男性が女性に求める愛は少し違います。男性は、好きの女性に受け入れられたいという一心ですが、女性がほしがる愛は繋がっているという安心感なのです。

 

つまり、男性の場合は自分だけを受け入れてくれればいいということで、女性の場合は2人で一つに慣れればいいという違いがあるということです。男性はペニスの大きさなどを気にします。サイズプロウルトラの効果はペニスを大きくしてくれるものなのですが男性に人気です。自分は他の男性により劣っていない勝っていると大きければ受け入れてもらえるのではと思っているところがあります。

 

女性の求めるものは絆なのです。「やさしくされてくれている」「守られている」という気持ちがほしいのです。こういう気持ちが心にたまれば溜まるほど、女性は輝いていきます。

 

しかし愛してくれる相手がいないとそのような気持ちになることができず、相手がいることによって幸せを感じるのが男性との違いです。

 

愛してくれる男性がいない女性は時に、「どうして、誰も私を愛してくれないの」「なんで自分は女に生まれてきたの」という理不尽な怒りが込み上げてくることがあります。

 

この気持ちはまさに、女性の性欲の幸せを感じるためには、男性が必要だということがあるからなのです。

 

これは、脳のつくりの違いでもありますので、男性にはこの気持ちが理解できないことが多いです。

 

男性も女性の幸せを考えるなら、女性は絆を求めていることを理解して、その欲求を満たす行動をとることで信頼を深めることができ、男性自身の欲求である、自分を行けいれてもらうということができるようになるのです。まさにウィンウィンの関係です。

 

自分のパートナーである女性を輝かせたいと考えるなら、女性は以下に質の高いいあをもらったか、いかにたくさんの愛をもらったか、ということにあると思いますので、男性自身の愛の質を映す鏡と言えるかもしれません。

 

重い女はダメ

 

男性は自分よりも背の高い女性を嫌がる傾向に対して、声が太い女性を兼営する男性も少なくありません。

 

「声が太い」というのは、一種の男性的要素ですから、そこにコンプレックスを感じてしまうのです。

 

ところで、人は会話するときに理論的になればなるほど、あごを引くのだそうです。そうすると、重々しい声が出せるからですが、女性が会議などでプレゼンテーションをする場合に、できるだけ顎を引いた方がいい、と言われるのはその効果を狙ってのことです。

 

これは、もともと声が高音の女性が、相手に威厳や威圧を与えるための方法としては有効ですが、それは社会的な場だけであって、恋愛の場には全くふさわしくないのです。

 

声でも体重でも、女性の「重々しさ」は、男たちを圧倒し、萎えさせてしまうのです。

 

 

だからといって、「背の高い女性」「声の太い女性」が持てないわけではありません。

 

男女関係、セックス関係において、「一般論」はつうようしません。男性は「こんな女性が好きだ」と言いながら、それとはま反対の女性に惹かれることがあります。

 

「背の高い女性は苦手」でも、その女性に、優しさや感性の面白さといった「別の魅力」を感じたときには、「背の高さ」「声の太さ」など関係なくなるのです。

 

背が高い女性、声が太い女性であっても、その男性にとってプラスアルファの魅力があれば、もちろん彼女を愛さずにはいられないというわけです。

 

大切なのは、自分のマイナス要素、欠点を知っていることです。

 

「声が少し低いな」と思うなら、できるだけ顎を上げて話す。

 

背が高い女性なら、首を傾げたり、腰をかがめたりというようにクフする。それだけでも、あなたの印象は愛らしく変わっていくのです。